中津川市柔道協会ホームページ  

中津川市柔道協会の紹介





TVゲームやビデオといったもので屋内で過ごしてばかりいる子供たちの
体力不足を気にしている親御さんも多いのではないかと思います。
 そんな子供たちに、基礎体力をつけさせる目的で、すでにスポーツクラブへ入れている
あるいはスポーツをさせたいと考えておられる方もみえると思います。

柔道は、礼儀作法を重んじたスポーツであり、日本人の文化と伝統を引き継ぐ武道であり、 
体力、技術、精神力、経験といった要素の総合力が問われるスポーツです。
そして、柔道は投げたり、抑えたり、絞めたりする格闘技です。
柔道を身につける人は、正しい心を持ちます。
人間の尊厳と社会性を身につけることが求められます。

礼儀正しい挨拶、素直な心、自立心といった精神面でも鍛錬されていきます。

 柔道教室へ入れた親御さんの意見として、単に運動能力の向上という目的以外に
 礼儀や節度をわきまえた人間になって欲しい。
 事故やケガから自分の身を「護る」技術の修得。
 他人への優しさを修得させたい
 厳しい練習のなか、縦の関係あるいは連帯意識を育てたい、経験させたい。
などの話を聞きます。

あなたのお子さんも是非、柔道を経験させてみませんか?

中津川市柔道協会・柔道教室後援会 一同


◆◆指導員の紹介◆◆

 負ける練習


柔道の基本は受け身
受け身とは投げ飛ばされる練習
人の前で叩きつけられる練習
人の前でころぶ練習
人の前で負ける練習です。

つまり、人の前で失敗をしたり
恥をさらす練習です。
自分のカッコ悪さを
多くの人のまえで
ぶざまにさらけ出す練習
それが受け身です

長い人生には
カッコよく勝つことよりも
ぶざまに負けたり
だらしなく恥を
さらすことのほうが
はるかに多いからです。

そして、負け方や受け身の
ほんとうに身についた人間が
人の世の悲しみや 苦しみに耐えて
ひと(他人)の胸の痛みを
心の底から理解できる
やさしく暖かい
人間になれるんです。

「一生感動一生青春より」







inserted by FC2 system